株式会社三協製作所 > CFRPについて > 高振動減衰性/CFRP角チューブ構造品

高振動減衰性/CFRP角チューブ構造品

特徴

振幅半減時間を「1 / 3」に低減した軽量・高剛性のCFRPロボットハンド。
CFRP角チューヴ構造ハンドに於いて、軽量・高剛性を損なわず、振動減衰性の高い構造品を開発しました。
 
当社同一寸法・構造品の加速度計測比較
● 振幅半減時間1/3
● 剛性低下微小
● 同一重量

性能要求

性能要求

実測結果例

実装装置に多く使われているアルミ合金に比べ、初期振幅で約40%、減衰時間で約30%の                    改善が見られます。

複合管縦弾性率はCFRPの縦弾性率設定範囲内で任意設定可能です。

(加速度計測結果)

供試体 Q値[倍] 振幅半減時間[S] 固有振動数[Hz]
A構造2.5mL既存構造 60 1.08 12.5
A構造2.5mL減衰構造 15 0.28 11.8
B構造2.5mL既存構造 45 0.91 10.9
B構造2.5mL減衰構造 16 0.32 11.1

(包絡曲線)

既存構造既存構造

減衰構造減衰構造