株式会社三協製作所 > CFRPについて > 高剛性CFRP/金属複合管

高剛性CFRP/金属複合管

特徴

表面は金属特性(表面改質)
軽量・高剛性の高剛性CFRP/金属複合管
(当社特許出願製品)
 

提供できる主な複合管形状

(1) 標準品として表面部材の寸法・形状は市販にて入手可能な「鉄鋼・非鉄」材料で製作できます。
(2) 特殊形状についてはホーミングにて対応可能ですので別途ご相談ください。
(3) 5mまで製作可能です。
  高剛性CFRP/金属複合管

特性

複合管縦弾性率はCFRPの縦弾性率設定範囲内で任意設定可能です。

特性

実例

同じ単位重量の□60の部材で剛性比較すると、下記のようになります。
SUS+CFRP角チューブ:SUSチューブ=3:1(14.5×109kgf-m2:5.5×109kgf-m2)
AL+CFRP角チューブ:ALチューブ=3:1(5.8×109kgf-m2:1.8×109kgf-m2)