株式会社三協製作所 > 技術について > ワークフロー

ワークフロー

FRPのチェックポイント

ワークフロー

FRP部品設計・材料選択の基本

  (1) 最終製品よりの必要事項…規格、基準、仕様等。
  (2) 技術上の要求事項…要求特性を満足させる材料、コスト、実用事例および諸データ。
  (3) 製造面よりの考慮…脱型、成形性、仕上げ加工、二次加工が少ないこと、寸法許容差が適切なこと。

FRP部品設計・材料選択の進め方

  (1) コスト面…材料コスト、成形加工コスト、生産数、機器全体としての評価。
  (2) 特殊な特性面…耐アーク性、耐トラッキング性、耐熱、耐薬、耐燃性、寸法安定性、熱伝導性、断熱性、電波透過性等。
  (3) 使用目的。
  (4) 一般特性…耐電圧、絶縁抵抗、強度。剛性(引張・圧縮・曲げ)衝撃、疲れ、クリープ。
  (5) 実用事例…使用実績。
  (6) 構造、形状…平面化曲面構造とするか、等厚にするかフレーム、フランジ補強構造にするか他部品との取り合い、接合方法。
  (7) 仕様環境…屋内か屋外か特殊雰囲気中か。
  (8) 耐用年数。
  (9) 外観、仕上。
  (10) 成形、加工…積層、成形方法。

以上についてチェックする必要がある。

成形方法の選定要件

  FRPには様々な製造方法があり、用途、必要数量、形状などによって選択します。以下のチャートは参考例です。

             senntei01.jpg

   

 

 

                                                           ・

構造体製造のワークフロー

◆ 構想図~製品化までの流れ

 

wa-ku2.jpg

                                                 トップに戻る

CFRP

startialab
BowNow
gsl_logo01.jpg