株式会社三協製作所 > CFRPについて > 性能比較データ集Ⅱ

性能比較データ集Ⅱ

炭素繊維とマトリックスの耐薬品性

炭素繊維強化複合材は、炭素繊維とマトリクス樹脂とで構成されます。一般に炭素繊維複合材の耐薬品性は比較的安定しています。
従って、炭素繊維強化複合材はマトリクス樹脂が支配的となります。

炭素繊維の各種試薬浸漬試験

試薬内容 温度 引張強度(Mpa) 引張弾性率(Gpa)
 ブランク   2413 228
 50vol % 塩酸 50℃ 2834 241
 50vol % 硫酸 50℃ 2172 241
 50vol % 硝酸 50℃ 1951 207
 50vol % 水酸化ナトリウム 50℃ 1903 248
 正燐酸 室温 1903 248
 濃塩酸 室温 2861 269
 濃硫酸 室温 2371 200
 濃硝酸 室温 2565 234
 次亜塩素酸ナトリウム 室温 2813 269
 液体臭素 室温 3016 241

エポキシ樹脂の耐薬品性

薬品種類 評価 備考
 メタノール  艶変化
 エタノール  
 IPA  
 アセトン  艶変化
 キシレン  艶変化
 トルエン  艶変化
 フェノール ×  劣化
 ホルムアルデヒド  
 ガソリン  
 塩素ガス ×  劣化
 水蒸気(150℃)  ○:耐湿熱仕様

FRP(繊維強化プラスチックス)の概要[有機材料のアウトガス]

用     途 分    類 TML(%) CVCM(%)
接 着 剤 エポキシ 系 0.24 ~ 1.61 0 ~ 0.21
充 填 剤 エポキシ 系 0.7 ~ 0.28 0.09 ~ 0.1
構造材料 CFRP 0.127 ~ 0.808 0.001 ~ 0.008
GFRP 0.404 ~ 0.55 0.0012 ~ 0.03
AFRP 1.743 ~ 1.92 0.007 ~ 0.01
  • ◆アウトガスの定義
  •    有機材料の表面に付着したガスの放出や材料自体の蒸発により発生するガスをいう。
  •  
  • ◆アウトガスの評価方法
  •    アウトガスは、脱ガス性と再凝固性を基準に評価している。
  •     TMLTotal Mass Loss
  •     CVCMCollected Volatite Condensable Materials
  •  
  • ◆一般的な許容基準
  •    TML≦1% , CVCM≦0.1%(NASAやNASDA)